むくみの原因、解消法

顔、足、はたまた体全体。むくみの経験はございませんか?私自身も足のむくみで悩んでおります。朝起きたら顔がむくんでいることもあります。
そんなむくみ、原因は何なのか、予防法や解消法はどういったものがあるのかをまとめてみました。
むくみの原因はいくつかあります。水分や塩分の摂りすぎ、長時間同じ姿勢でいることによるむくみ、冷えからくるむくみ、ホルモンの影響など原因は様々です。
立ちっぱなしの状態が続いたため足がむくむというのは体の中の水分が重力で足のほうにいってしまったためであるといわれています。逆に朝に顔がむくむのは体の中の水分が重力により体全体に均等に行き渡っているために顔がむくむともいわれています。
また、女性の場合は生理が始まる前にむくんだり、妊娠中にむくみやすくなったり、ホルモンが関係してむくむこともあるようです。
ではむくんでしまったときの解消法はどういったものがあるのでしょうか。
まずは体の中の余分な水分、塩分を排出することです。体の余分な塩分を排出してくれる成分であるカリウムを摂取することをおすすめいたします。
カリウムはスイカやバナナなどの果物、野菜、きのこ類に多く含まれています。それらのものを適度に摂ると良いでしょう。
むくみ自体がおこらないように予防することも大切です。過剰な塩分摂取を避け、アルコールや冷たい飲み物の摂りすぎにも気をつけてください。
お風呂ではリンパをほぐすようにマッサージをすることもむくみに効果的であるといわれております。以上のことに注意しながらむくみ知らずの体を目指しましょう。

カテゴリー: mukumi | コメントは受け付けていません。

静脈瘤とむくみの悩み

私は現在30代なのですが、静脈瘤という病気にかかっています。静脈瘤はあまり知られていない病気だと思いますが、女性はとくにかかりやすい病気ですし、実は静脈瘤になっている人は多いのです。私が発症したのは20代だったので、かなりレアなケースなのですが、年をとると静脈瘤にかかりやすく、もちろん男性でもかかる人はいます。
静脈瘤は命にかかわる病気ではないのですが、足にかなり悪影響を及ぼします。その症状の一つにむくみがあげられるのです。私は結構症状がひどいのですが、むくみにもかなり悩まされています。左足が特にひどいのですが、右と左と足を比べるとかなり差がでるくらい左足がむくみやすいのです。たまにひどいときはむくみすぎて足を曲げて正座などをしたときに左足だけ違和感を感じるくらいむくんでしまいます。
もちろん、むくみ改善のためにマッサージなどを色々試しているのですが、やはり静脈瘤を治さない限り根本的な解決にはならないと思います。むくんでくると朝はスキニーデニムにロングブーツを履けたのに、夕方になると足がパンパンになってブーツのファスナーが上まで上がらなくなったり、パンプスも入らなくなったりします。休日によく歩いた日には足を夜見てみると目で見ただけでもむくんでいるのが分かるくらいひどいです。足の感覚も腫れているようなしびれているような違和感があり、お風呂でしっかりマッサージをしなければ翌日にもむくみが響いてしまうのが悩みです。

カテゴリー: mukumi | コメントは受け付けていません。

手軽に足痩せ

あなたは現在、足のことで悩んでいませんか?上半身は細いのに、下半身・特に足周りだけがどうも太いという女性もたくさんいるでしょう。やはり、女性であれば、できるだけ美足になりたい人や、美足を目指しているという方ももちろん多いのではないでしょうか。

当然ですが、足は太いよりも細いほうが理想的ですよね。なるべく効果の期待できる足痩せ方法を模索している方も多いはずです。

なかなか簡単に足痩せができずに、すごく苦労されている女性も目にします。

確かに、足はとても痩せにくく足痩せをするまでに時間がかかるケースも非常に多いですよね。

特に女性の人は日頃、スカートで足を露出していますし、ブーツや高いヒールを履くことも多く、そのために足がむくみやすいでしょうし、かなり苦労することが多いのです。

なので、誰にでも簡単にできる足痩せ方法を探す必要がありますよね。

自宅でもできる簡単な足痩せ方法はありますが、より効果的な方法で足痩せを目指したい方であれば、ヨガがオススメです。

最近では多くの女性の方たちがヨガをしています。ヨガは代謝を良くし、体にとっても邪魔な老廃物を排出してくれますし、血行を良くし体の機能を高める効果もあるので、すごく魅力的です。

ヨガで足痩せができたという方もたくさんいますし、足痩せをしたい女性にはすごくオススメできるのです。

ヨガでいっぱい汗を流して血行を良くし、足のむくみを解消したり、体にとっても良いことをするのは大切なことです。

あなたも足痩せのためにヨガを始めてみませんか。

カテゴリー: mukumi | コメントは受け付けていません。

朝のむくみ取りマッサージ

お酒を飲んだ翌日はかなり二日酔いがひどいです。会社に行く前など朝食をしっかり食べないと体に力が入らないとは思うんですが、ついついそんな日は軽めの食事で適当に腹を満たすという事が多いです。

それと私の場合、お酒が残ってしまっている次の日の朝の起床時には顔のむくみに悩まされます。幸い職業柄、内勤のデスクワークですので特に顔のむくみを気にするほどでもないかもしれませんが、たまに会議などで他の会社の方たち顔を付き合わせての場がある日などは気を使わねばと自分なりにもこのままではマズイなと思うので、朝食をさっと済ませてそれを取り除くことに時間を掛けるようにしています。顔のむくみを取る事は身だしなみのひとつと考えています。

そういう時、お酒が残ってしまっているなと感じた時は朝の時間に普段はほとんど行わないマッサージなどに時間を費やしたりします。

むくみ取りのマッサージといっても、これはあくまでも自己流なんですが、まず洗顔時に顔をマッサージしやすいように、顔に大量に洗顔フォームの泡をつけます。そうすることで指の滑りが良くするようにします。そして指の腹を使って、目や顔の中心から外側に向かって少し力を入れて推すようにして行きます。そうすることでリンパの流れを整えるという感じでしょうか。そんな感じに顔をマッサージしていくことで割と出かける時などには顔が起床した時よりすっきりとなり、会社に着いてその場に出る時にはすっかり顔のむくみは引いてくれているように思います。

カテゴリー: mukumi | コメントは受け付けていません。

夏の冷えが全身のむくみにつながる

体の冷えは万病の元ともいわれますが、むくみを引き起こす大元凶でもあります。
体の冷えは、外の気温が下がる冬のイメージが根強いですが最近ではエアコンなどの影響で、冬よりもむしろ夏の方が体の冷えに悩まされる人も多いのです。
むくみは血行不良により起こることもあり、代謝機能の低下が元でもあります。
そうならないためには体の冷えをさせないことが基本となります。
しかし、夏といえば例年三十度を超える真夏日も多く体の冷えを意識している人は少ないかもしれませんが、家やオフィスなどではエアコンの吹き出し口に、汗をかいたままで長時間いると体表が冷えてきます。
汗が蒸発するときに体の熱を奪うので、しっかりと冷えをさせてしまうのです。
こうしたことを繰り返していると、夏でもむくみますし冷えさせてしまうのです。
それではこうした夏の冷えを取り去るにはどうしたらいいのかというと、汗をかいたらまずそのままにしないということです。
タオルなどで拭くあるいは着がえるなどをして、いつまでも体に汗を残る状態にしないようにしておくことです。
それからエアコンは直接冷気がこないように角度の設定をしたり、またエアコンの近くにいすぎないなどの自衛策が必要です。
また体内の冷えには、極端に冷たい食べ物や飲み物を取らないこともそもそもの選択肢です。
適度な冷たさを心がけましょう。
むくみは夏の間冷えを助長させる生活をせずにいれば、むくみにくくなり不快な症状を抑えられます。

カテゴリー: mukumi | コメントは受け付けていません。

むくみの原因と解決方法を紹介

私は販売の仕事をしているので毎日8時間の立ち仕事となります。だから帰宅する頃には足がむくんでしまっています。何故むくみが発生するのか?と思ってネットで調べてみた所デスクワークもそうなんですが同じ姿勢でずっといると足に血液が溜まってしまいむくんでしまうそうです。

身体のパーツの中では重力の関係上足が一番むくみやすく、それを予防する為には時々足を動かしたり、ふくらはぎの辺りを中心にマッサージをしてやるといいそうです。男性と女性を比較すると男性の方が筋肉量が多いのでむくみにくくあとはホルモンバランスの関係もあるみたいです。また冷え性の女性は血行が良くないからむくみやすいということでした。

なので解消法としてはお風呂にゆっくり浸かって体を温めてからマッサージをしてやることが血行が良くなっていいみたいです。その他にも日頃から運動をして筋肉量を増やすというのが根本的な解決方法で、運動は冷え性の改善方法の1つでもあります。

あとは塩分や水分の過剰摂取もむくみの原因となり、アルコールなどを飲んだ翌日に顔などがむくんでしまうものアルコールが利尿作用があるので体内の水分をどんどん出すから喉が渇いて水などを求めてしまうからなんですね。よく飲んだ後に水分を摂取すれば体内のアルコール濃度が薄まって二日酔いを和らげることが出来るといいますが、二日酔いのダメージを避けることが出来てもむくみから逃げることは出来ないみたいです。

カテゴリー: mukumi | コメントは受け付けていません。